スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州旅行記(3日目)

3日目は肥薩線を回った後、東京に帰りました。

肥薩線八代~人吉間は、いさぶろう・しんぺい用の車両送り込みのため使用車両がキハ40の観光用改装車でした。
いさぶろう・しんぺい運用以外でも前面展望のモニターはちゃんと映ってました。

DSCF0156.jpg
日本三大急流の球磨川を眺めつつ人吉へ。

DSCF0162.jpg
いさぶろうの指定席にのり吉松へ
自由席がロングシートだけというのもなんだか酷いですね。

DSCF0168.jpg
大畑駅から見たスイッチバック線。
観光列車なので、各駅に5分ほど停車しました。指定席だと駅の外に出られるので良いです。

DSCF0172.jpg
大畑のスイッチバック線とループ線が一望できる地点でも停車しました。

DSCF0179.jpg
日本三大車窓、矢岳越えの地点では3分ほど停車しました。
姨捨駅と狩勝峠(ただし新線)は廻ったのでこれで日本三大車窓は制覇です。

DSCF0189.jpg
吉松ではボッタクリ特急はやとの風が停まっていましたが金が無いので後続の普通列車に乗りました。

DSCF0195.jpg
鹿児島駅の手前では桜島の雄大な車窓が見えました。

DSCF0201.jpg
今回の旅行の最終目的地、鹿児島中央駅で下車。市内を色々観光しました。
西郷隆盛像の真下あたりで市の観光アンケートに遭遇。鹿児島に来た交通手段について聞かれ「東京から在来線で来ました」と答えたら案の定驚愕されました。

行きは在来線で寄り道しつつ62時間ほどかかりましたが、帰りは九州・山陽・東海道新幹線の最速パターンの列車(みずほ→のぞみ)で東京に帰ってきました。
DSCF0206.jpg
JR九州のN700系。指定席車はグリーン並みの快適性でした。
鹿児島中央から乗る客はあまりおらず、熊本でどっと人が乗ってきて、博多で多くの人が降りた後、また人が乗ってきました。
DSCF0208.jpg
JR東海のN700系。やっぱり座席は狭い・・・
新大阪でみずほからのぞみに乗り換える人はほとんどおらず、ましてや鹿児島中央から東京まで乗り通したのは自分くらいしかいませんでした。

鹿児島中央~東京間はわずか6時間23分(表定速度228.7km/h)でした。かつて、同じ区間を寝台特急はやぶさが21時間54分(表定速度68.1km/h)で走っていたことを考えると驚異的な速さです。

おまけ
日本三大車窓の今
P1010320.jpg
姨捨駅
P1010885.jpg
狩勝峠(新線)
DSCF0179.jpg
矢岳越え
スポンサーサイト

九州旅行記(2日目)

2日目はまず門司港駅に行きました。
DSCF0110.jpg
レトロな駅舎で有名な駅です。

DSCF0116.jpg
その後、福岡に出て地下鉄で天神へ。ついでにICカード「はやかけん」を買いました。
未だに103系が残ってますが、抵抗制御車を地下鉄に入れて大丈夫なんでしょうか?

DSCF0118.jpg
西鉄に乗って大宰府へ。節電による運用変更で特急用の8000系が支線運用についてました。
車内はガラガラで、運転席後ろの展望席に乗ることが出来ました。
DSCF0120.jpg
太宰府天満宮に参拝。気が早いですが、とりあえず就職御守りを買いました。
DSCF0124.jpg
参拝後はJRの二日市に出て、そこから熊本に出ました。

DSCF0127.jpg
上熊本で青ガエルこと元東急5000系を撮ろうと思っていたら運用に入っていませんでした。
DSCF0134.jpg
仕方なく北熊本まで行って車庫に止まっていた5000系を敷地外からズームで撮影しました。
DSCF0139.jpg
その後、藤崎宮前駅を経由して熊本駅へ。そこから豊肥本線で立野へ出ました。
DSCF0145.jpg
目的地は「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」です。現時点では読み仮名が日本一長い駅だそうです。
次の列車まで1時間ほど時間があったので駅周辺を探索。駅名通り湧水がたくさんありました。

また、こんな表記を発見。
DSCF0148.jpg
未だに国鉄表記が残っているんですね。

DSCF0153.jpg
そこから熊本に戻り、八代のホテルに泊まりました。

九州旅行記(1日目)

先日、九州に鉄道旅行に行ってきました。
今回の旅行では帰りに新幹線を使うなど、いつもよりグレードアップした旅行になりましたが、行きは在来線を使い、寄り道をしつつ64時間かけて鹿児島に行きました。

まずは小田原に出てムーンライトながらに乗りました。
DSCF0058.jpg
案の定狭苦しくて寝られませんでした。

DSCF0060.jpg
今回の旅行では大垣ダッシュを避けるために関西本線に逃げました。
山の中を通る路線なので景色は東海道よりもこっちの方が良かったです。

大阪からはひたすら西へと進みます。
DSCF0062.jpg
まずは新快速で姫路へ
DSCF0069.jpg
車窓からは明石海峡大橋が見えました。
DSCF0071.jpg
上郡からは国鉄形オンリーの区間に入ります。
ボックスシート車を無理やり転換クロスシートに改装したので窓割が合っていません。

DSCF0075.jpg
岡山ではこんなゲテモノがいました。

DSCF0083.jpg

DSCF0092.jpg
急ぐ旅ではないので宮島口で下車してフェリーで宮島へ。
DSCF0099.jpg
世界遺産の厳島神社を拝観しました。こんなにすごい場所なのに拝観料はたったの300円でした。
やっぱり外国人観光客でごった返してました。

DSCF0104.jpg
その後、宮島口駅に戻り下関へ。2ドア転換クロスシートの3000番台に当たりました。
この区間は海の眺めがとても良いです。

DSCF0107.jpg
下関からはJR九州の車両です。ステンレスの1500番台が来るかと思ったら鋼製車でしかも原型セミクロス車でした。
この日は小倉のネットカフェで一泊しました。

近況報告(台湾旅行&コミケ)

旅行やらコミケやらで忙しくて記事を書く暇がありませんでした。
いまさらですが旅行記を・・・

先日、台湾旅行に行ってきました。
普通のパッケージツアーで、1、2日目は故宮博物館や台北101や龍山寺といったメジャーな観光スポットを回りました。
3日目は自由行動だったので台北近郊にある景色が綺麗なことで有名な平渓線に乗りに行きました。

しかし、カメラを紛失した(多分盗難された)ので、写真は残っていませんorz
以下、上げる写真は全て携帯で撮影したもので、画質が大分粗くなっていますがご了承ください。

NEC_0330.jpg
平渓線を走るDR1000型気動車という車両です。日本車輛製だそうです。

NEC_0332.jpg
台湾を走る特急「自強号」に使われるDR2800型気動車で、非電化区間直通のためこの列車は気動車です。
ステンレスカーだけあってこの車両は東急車両製だそうです。
ちなみに、特急なのに一部の列車は吊り掛け式モーターの電車で運転されているそうです。

NEC_0333.jpg
台北近郊の通勤電車であるEMU700型電車です。写真の編成は台湾車輛製で、台湾の国産車両です。

NEC_0336.jpg

NEC_0335.jpg
日本で言えば急行列車である「莒光号」です。写真はE200形機関車で、アメリカのGE社製だそうです。
普通に定期の客車列車に乗れるとは、うらやましい限りです。

NEC_0334.jpg
台湾高速鉄道です。現地の人でも台湾新幹線と呼ぶ人がいるそうです。

NEC_0337.jpg
台北の地下鉄を走る301型電車です。台北の地下鉄は三線軌条でパンタグラフはありません。あと、シートがプラスチック製で車内はセミクロスシートです。
ちなみにこの車両、川崎重工製ですが、いろいろとややこしい製造方法を取っていたそうです。
詳しくはこの動画で解説されています。

やはり日本の会社が製造した車両が多いためか、台湾の鉄道は日本の鉄道に似ているという印象を受けました。
ちなみに列車は、だいたい定刻から5分遅れで到着していました。世界的に見ればかなり正確なダイヤだと思います。

NEC_0338.jpg
台湾の総統府です。日本時代の台湾総督府の建物を使っています。

NEC_0340.jpg
台北にある世界最南端のアニメイトです。売っているマンガやライトノベルの表紙を見てみた所、全体の3分2くらいが中国語、残りが日本語といった感じでした。

台湾の飯はうまく、夜市の食べ歩きなどはとても楽しかったです。
あと、そこかしこに日本のコンビニがあって、ホテルや土産物屋では日本語が通じました。
また、台北の人々のマナーは交通ルールを除いて良く、民度は高かったです。


台湾から帰ってきて間もなく、コミケに行きました。
今回も去年と同じく3日目のみの参加で、新宿で1泊して始発で新木場へ行き、そこから始発に乗りました。
新木場駅では乗車率が200%を超え、国際展示場駅はエスカレーターに人が殺到するカオス状態でした。
NEC_0341.jpg
東京ビックサイトでは、ぎりぎりで舗装された場所に座ることができず、待機列は砂利のある場所となりました。
コミケスタッフの先導で土煙を上げ大勢の参加者がぞろぞろと進んでいくというすごい写真が撮れました。
曇っていたので、待機列は去年より楽でした。しかし、参加者は去年より多く、会場内の移動には一苦労でした。おまけに雨まで降り出し、会場内は一時蒸し風呂となりました。
結局、戦果がこれです。
DSCF0035.jpg
色々とヤバイ表紙が多いので、大丈夫そうなものを一番上に置いて重ねてみました。
一応、これで17冊、8700円分です。かねてから買いたかった本は買うことが出来ました。

追記
紛失したカメラの代わりはアキバで買ってきました。
今度は九州に旅行に行ってきます。

東北旅行記 2日目

2日目は東北を横断して、東京に帰ってきました。
とりあえず、酒田~仙台までの移動で乗った列車と景色の移り変わりについて書いてみようと思います。

#1.酒田~新庄 152D
P1020991.jpg
2日目は酒田からスタートです。

P1020992.jpg
車窓には庄内平野の水田が広がります

P1020999.jpg
余目を過ぎ、陸羽西線に入ると、最上川の渓谷が車窓に広がります

P1030003.jpg
新庄に到着。標準軌車両が並びます

#2.新庄~小牛田 4732DP1030004.jpg
編成は152Dと全く変わりません。何気に酒田~小牛田の158kmをロングランする列車なんですね。

P1030007.jpg
車窓はどんどん山深くなっていきます。

P1030012.jpg
分水嶺のある堺田に到着。ここから太平洋側です

#3.小牛田~石巻 1635D
P1030021.jpg
この車両は何と非冷房でした。走行中に窓が開けっ放しというのは逆に新鮮でした。

P1030024.jpg
車窓には仙台平野の水田が広がります

P1030026.jpg
石巻には205系が留置されていました。

#4.石巻~矢本 7326DP1030030.jpg
仙石線のこの区間は変電所が使えないため、小牛田のキハ110系を使っています。
また、矢本からは代行バスに乗り換えとなりました。

#5.矢本~高城町 120
P1030044.jpg
この区間は津波の被害が甚大なため、代行バスで運行しています。

P1030034.jpg
野蒜駅付近。震災から1年以上経ちましたが、未だに被害の爪痕は大きく残っています。

P1030039.jpg
東名駅。この駅も高台に移設することが決まったそうです。

#6.高城町~あおば通り 3356SP1030049.jpg
高城町からは、東北地方唯一の直流電化区間に入ります。

P1030047.jpg
車窓からは松島が望めます
また、乗りつぶしのために仙台ではなくわざわざあおば通りまで乗りました。

こんな感じで東北地方を横断した後、利府駅に行って東北本線の乗りつぶしを達成しました。
P1030050.jpg

その後、ここから8時間かけて鈍行で自宅まで帰りました。疲れていたので写真すら撮っていません。

明日から早くも台湾に旅行に行ってきます。今年の夏は旅行三昧です。

東北旅行記 1日目

どうも。前の記事で書いた通り、鉄研部員の友人と東北に旅行に行ってきました。

まず、新宿からムーンライトえちごで出発しました。
P1020952.jpg
出発直前まで鉄研の飲み会があり、何人かの部員が見送りに来てくれました。

P1020953.jpg
新潟から快速を乗り継ぎ村上へ行き、そこから酒田行きに乗り換えました

P1020957.jpg
車窓には日本海の絶景が広がります。

他の部員とは別行動で、北海道に帰省する部員を秋田まで送った後、男鹿線に乗りました。

P1020971.jpg
P1020969.jpg
有名な観光地ですが、あくまで乗りつぶしが目的だったのでそのまま折り返して秋田に戻りました。

P1020976.jpg
水田と九十九島で有名な象潟に立ち寄りました。

この日は女鹿駅で駅寝の予定でしたが、駅に偵察に行った部員によると、とても駅寝ができる状態では無いとのことで、酒田駅前の民宿に泊まりました。
ちなみに、他の部員は自分がいない間にスズメバチに追い回されたりなど、大変な目に遭っていたようです。
プロフィール

てつろう

Author:てつろう
都内勤務の会社員。元鉄道研究会部員(卒業済み)

誕生日は2月27日
(田村ゆかりと同じですww)

血液型はA型、思想は保守

鉄ヲタで、なおかつアニヲタという救い難い人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。