FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道貧乏旅行記Part3 北海道後編

3日目の記事です

#16.網走~釧路 4725D
P1010855.jpg
3日目の朝はホテルで朝食を食べる暇もなく、6時43分発の釧網本線の始発に乗りました。
キハ54系は、なぜかまた二重窓の外側が曇っていて展望性はそこまで良くありませんでした。
P1010849.jpg
茅沼駅では、車内からタンチョウヅルを見ることが出来ました。
ちなみに、この列車は今回の旅行で出発地点の上野から最も離れた地点を走る列車です。

#17.釧路~新得 2524D
P1010856.jpg
この列車のキハ40系は、旧塗装(首都圏色)でした。
車窓にはまさに北海道と言った感じの広大な雪原が広がっていました。
P1010870.jpg
途中で何度も特急の通過待ちや交換待ちがあり、キハ283系がパウダースノーを巻き上げながら通過していきました。

#18.新得~トマム 特急スーパーおおぞら 4010DP1010884.jpg
今回の旅行で一番計画を立てるのに苦労したのが新得~南千歳の区間です。
新得~新夕張駅の間は特急以外が走っていないので、北海道東日本パスだけで特急に乗れます。なので、安く上げたいのなら、新得から新夕張まで特急で出て、そこから普通列車に乗り換えることになります。
しかし、それを行うと乗り継ぎが非常に悪く、札幌にたどり着けないため、特急列車を使うことにしました。
ですが、特急料金不要区間をまたいで特急に乗ると、その区間の特急料金まで払わなければならないので高くつきます。
そこで出た結論が、新得からトマムまで北海道東日本パスを使い、トマムから南千歳まで特急料金を払って乗るというものです。
これで新得~南千歳4800円より2000円ほど特急料金が安くなりました。
・・その代わり1時間ほど余計に時間がかかりますが

新得を出ると、「元、日本三大車窓」の狩勝峠を通ります。キハ283系は振り子式車両なので、狩勝峠新線のヘアピンカーブ並みの急カーブを猛スピードで走り抜け、デッキに立っていたのでものすごい遠心力を感じました。
その後、トマム駅に降り立つと、早速駅員が「どちらのスキー場をご利用ですか?」と尋ねてきました。
この駅にスキー以外の目的で降りる人はそうはいないのでしょう。
とりあえず「・・・乗り継ぎです」と答えました。

#19.トマム~南千歳 特急スーパーとかち 38D
P1010887.jpg
トマム駅の待合室は、さすがスキーリゾートだけあって、暖炉付きで駅員駐在の豪華なもので、携帯の充電までさせてもらえました。
この列車は、今回の旅行で唯一特急料金を払って乗車する列車です。自由席でしたが、さすが特急列車。他のローカル車両とは座席のグレードが違います。日本一駅間距離の長い占冠~新夕張の間は疲れてずっと寝てました。

#20.南千歳~札幌 快速エアポート 3951M
P1010889.jpg
車両は特急スーパーカムイ用の789系ですが、この列車はれっきとした快速列車です。札幌から特急スーパーカムイ旭川行きになります。
座ることができれば、まさに乗り得列車です。窓側の席が確保できたので、悠々と札幌の夜景の車窓を楽しみました。
P1010897.jpg
札幌では乗継に時間があり、せっかくなので、色々観光してみました。
写真は有名な札幌時計台です。
ついでに夕飯は札幌ラーメンを食べました。
さらに余った時間は近くのゲーセンでマジアカをやってましたww

#21.札幌~青森 急行はまなす 202列車P1010904.jpg
今回の旅行では、北海道で乗る列車もこれで最後です。
この列車もカーペットカーの切符が取れなかったのでやむなく指定席座席車です。
帰りは、青森から先でロングシート地獄が見込まれるため、東室蘭を過ぎるあたりまで起きていました。

・・・次の記事へ続く
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てつろう

Author:てつろう
都内勤務の会社員。元鉄道研究会部員(卒業済み)

誕生日は2月27日
(田村ゆかりと同じですww)

血液型はA型、思想は保守

鉄ヲタで、なおかつアニヲタという救い難い人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。