スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州旅行記(3日目)

3日目は肥薩線を回った後、東京に帰りました。

肥薩線八代~人吉間は、いさぶろう・しんぺい用の車両送り込みのため使用車両がキハ40の観光用改装車でした。
いさぶろう・しんぺい運用以外でも前面展望のモニターはちゃんと映ってました。

DSCF0156.jpg
日本三大急流の球磨川を眺めつつ人吉へ。

DSCF0162.jpg
いさぶろうの指定席にのり吉松へ
自由席がロングシートだけというのもなんだか酷いですね。

DSCF0168.jpg
大畑駅から見たスイッチバック線。
観光列車なので、各駅に5分ほど停車しました。指定席だと駅の外に出られるので良いです。

DSCF0172.jpg
大畑のスイッチバック線とループ線が一望できる地点でも停車しました。

DSCF0179.jpg
日本三大車窓、矢岳越えの地点では3分ほど停車しました。
姨捨駅と狩勝峠(ただし新線)は廻ったのでこれで日本三大車窓は制覇です。

DSCF0189.jpg
吉松ではボッタクリ特急はやとの風が停まっていましたが金が無いので後続の普通列車に乗りました。

DSCF0195.jpg
鹿児島駅の手前では桜島の雄大な車窓が見えました。

DSCF0201.jpg
今回の旅行の最終目的地、鹿児島中央駅で下車。市内を色々観光しました。
西郷隆盛像の真下あたりで市の観光アンケートに遭遇。鹿児島に来た交通手段について聞かれ「東京から在来線で来ました」と答えたら案の定驚愕されました。

行きは在来線で寄り道しつつ62時間ほどかかりましたが、帰りは九州・山陽・東海道新幹線の最速パターンの列車(みずほ→のぞみ)で東京に帰ってきました。
DSCF0206.jpg
JR九州のN700系。指定席車はグリーン並みの快適性でした。
鹿児島中央から乗る客はあまりおらず、熊本でどっと人が乗ってきて、博多で多くの人が降りた後、また人が乗ってきました。
DSCF0208.jpg
JR東海のN700系。やっぱり座席は狭い・・・
新大阪でみずほからのぞみに乗り換える人はほとんどおらず、ましてや鹿児島中央から東京まで乗り通したのは自分くらいしかいませんでした。

鹿児島中央~東京間はわずか6時間23分(表定速度228.7km/h)でした。かつて、同じ区間を寝台特急はやぶさが21時間54分(表定速度68.1km/h)で走っていたことを考えると驚異的な速さです。

おまけ
日本三大車窓の今
P1010320.jpg
姨捨駅
P1010885.jpg
狩勝峠(新線)
DSCF0179.jpg
矢岳越え
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てつろう

Author:てつろう
都内勤務の会社員。元鉄道研究会部員(卒業済み)

誕生日は2月27日
(田村ゆかりと同じですww)

血液型はA型、思想は保守

鉄ヲタで、なおかつアニヲタという救い難い人間

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。